おすすめのココナッツオイル比較ランキング » ココナッツオイルのススメ » 普通のオイルとヴァージンオイルとの違い

普通のオイルとヴァージンオイルとの違い

ココナッツオイルとエキストラヴァージンココナッツオイルの違いについて紹介しています。

数々の著名人に愛用されるココナッツオイルで健康ボディを目指すなら、優れた栄養バランスを誇るヴァージンココナッツオイルがおススメ!少々価格は高くなりますが、精製ココナッツオイルと上手に使い分けると、効率よく生活に取り入れることができ、より良い結果が望めます。

ココナッツオイルは劣化しにくく、通常だと2年近く持ちます。そのため、慌てて使い切る心配もなく、目的に合わせてゆっくりマイペースに使っても大丈夫♪それぞれの特徴に合わせた使い方で、お得にココナッツオイル生活を充実させていきましょう。

ヴァージンココナッツオイルと精製オイルを使い分けよう!

やしのみヴァージンココナッツオイルの魅力

ヴァージンココナッツオイル最大の特徴は、果肉を生の状態で圧搾し、精製・添加物・加熱抽出など、ココナッツに負担をかけることは一切行っていないこと。

低温圧搾法によって、40℃を越さない低温でじっくり圧搾します。そのため、ココナッツの油分だけでなく酵素まで摂取することができます。

加工した食材を使わないローフードなどで使用されるのは、ヴァージンココナッツオイルであることがほとんど。

酵素を壊さないためにも、ドレッシングとして加熱せずに摂取することが身体に良いです。けれども、ココナッツは甘い香りが強く、ブランドによってその香りにも好みが分かれることがあります。

【簡単でおいしい摂取方法】

  • オリジナルドレッシングとして
  • シリアルに混ぜて
  • 生春巻きの具材として
  • アヒージョに

やしのみ精製ココナッツオイルの魅力

通常売られているココナッツオイルは、基本的には乾燥させたココナッツを加熱抽出し、漂白・脱臭といった精製加工が施されています。効率良く作れるので、低コストで手に入れることができます。また、香りや色も気にならず、料理に使用しやすいことが特徴。

日本人でも使いやすいのは、ヴァージンココナッツオイルよりもむしろこの一般的なココナッツオイルといえるでしょう。一方で、漂白や脱臭などの工程がありますので、その漂白方法や脱臭方法にも気を配る必要があります。

プレミアムココナッツオイルたとえば、ココウェルのプレミアムココナッツオイルなら、乾燥させたココナッツ果肉を石灰などの天然素材で精製・漂白してオイルを圧搾。薬剤等は使用しない安全な方法で作られています。毎日の食事につかうものですから、こうした安全な商品をセレクトすることも重要ですね。

調理用として使うなら、500mlで1026円とお手ごろ!エキストラバージンの3分の1という低価格で購入できるので、ココナッツオイルを初めて使う方はもちろん、生食用と調理用と使い分けたい方にもおすすめですよ。

【簡単でおいしい摂取方法】 

  • トースト
  • ケーキ・お菓子作り
  • 炒め物・揚げ物に
  • 焼きおにぎり
  • ポップコーン
  • 好きなドリンクやスープ、味噌汁などのホットの飲み物…などなど