ココナッツオイル大事典 » ココナッツオイルのススメ » 【特集】低温圧搾と遠心分離はどっちが人気!?

【特集】低温圧搾と遠心分離はどっちが人気!?

ココナッツオイルの製法には低温圧搾と遠心分離の2種類があります。いったいどんな違いがあるのでしょうか?またどちらの方が人気なのでしょうか?口コミも交えてご紹介します。

2つの製法の違い

低温圧搾法はココナッツの果肉を熱風で乾燥させた後、ココナッツの果肉に圧力をかけてオイルを絞り出す製法です。
果肉を絞ってオイルを抽出する前に、熱を加えているためココナッツ特有の風味が濃くなります。

一方、遠心分離法はココナッツの果肉を遠心分離機にかけることで、ココナッツのミルクとオイルを分離させます。生のフレッシュなココナッツからオイルを抽出するため、低温圧搾法と比べて風味がスッキリとします。

低温圧搾で作られたココナッツオイルのほうが人気?

通販サイトの口コミなどを見ていると低温圧搾のオイルのほうが人気があります。

  • 蓋を開けた瞬間にココナッツの良い香りが漂います。オムレツやカレーなどに使っています。ココナッツの香りと味が料理を引き立ててくれるので、とても気に入りました。(30代女性)
  • コーヒーに入れて飲んでいますが、とっても合います。低温圧搾のものは味が濃くていいですね。脳にもダイエットにも、肌にも良いということなので、使い続けたいです。(30代男性)

低温圧搾のココナッツオイルを選ぶ理由としては、まず味や香りが挙げられます。
やはりココナッツオイルを選ぶときには、ココナッツの風味を楽しみたいと考える方が多いようで、より香りや味が濃い低温圧搾のものを選ばれるようです。

プロが選ぶのは遠心分離のココナッツオイル

ただ、オーガニックに対する見識の高い業者では、遠心分離で作られたココナッツオイルのほうが人気なのだとか。美容健康への意識の高いお客さんが集まるローフードのカフェ・レストラン、肌へのやさしさ・香りを重視する手作り石けん教室などが例に上がります。

「豊かな甘い香り=品質が良い」ということではないのかもしれませんね。業者のプロの目線も、ぜひ参考にしてみてください。

遠心分離法に絞った
ココナッツオイル比較表をチェック

管理人おすすめの
スッキリ香るココナッツオイル3選

ココキュア

ココキュア_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
43
製法 遠心分離製法
産地 フィリピン
認証 有機JAS認証、USDAオーガニック認証、EUオーガニック認証
価格 1,280円

ブラウンシュガーファースト

ブラウンシュガーファースト_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
53
製法 低温圧搾製法
産地 タイ
認証 有機JAS認証
価格 1,780円

COCONUT FUN

COCONUT FUN_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
75
製法 低温エクスペラー製法
産地 フィリピン
認証 有機JAS認証、USDAオーガニック認証、ECOCERT認証
価格 2,400円