おすすめのココナッツオイル比較ランキング » ココナッツオイルのススメ » オイル選び3つのポイント

オイル選び3つのポイント

ココナッツオイルのブランド選びについてご紹介。ココナッツオイルの栄養素をしっかり摂るには、抽出方法、安全性、産地といった点を見極めることが重要です。

この3つをおさえよう!ココナッツオイルの正しい選び方

全世界で瞬く間に注目を浴びるようになったココナッツオイル。注目されている食材だけあって、TVや雑誌で取り上げられると売り切れてしまうお店も少なくないのだそう!しかし生産が追いつかないこともあってか、品質面では「?」という商品もあるようです。

確かにココナッツオイルは身体に嬉しい作用がたくさんあるのですが、質のよくないものを手にしても、あまり意味がありませんよね。

ここでは、良いオイルを見極める3つのポイントについて考えてみました。

1.抽出方法

ココナッツオイルの抽出には低温圧搾が最も理想的です。低温圧搾の方法は、ココナッツの果肉に熱を加えず、じっくり圧力をかけてオイル・ミルク・水が混ざった原液を搾り取るものです。

けれども、ブランドによっては、効率を上げるために果肉に熱を加えて圧搾しているものも。熱を加えると栄養分が壊れてしまう可能性があるので、できるだけ新鮮なココナッツを丁寧に圧搾している商品がおススメですよ。

続いて、遠心分離法発酵分離法のどちらか1つを選び、原液からオイルのみを抽出していきます。

多くのココナッツオイルは、効率が良い遠心分離法を使ってオイルを抽出しているそうです。ですが、デメリットとしてオイル以外の余計な成分が含まれてしまい、オイルが薄まったり、劣化しやすくなる可能性があります。

もう一つの発酵分離法は、純粋なオイルだけを取り出すことができるので、水分量を0.05%まで抑え、劣化しにくく栄養価も高いものができます。製造効率の悪さが難点ですが、品質の高いココナッツオイルを作るには、発酵分離で抽出する方が望ましいでしょう。

2.化学成分・添加物の確認

安心・安全が保証された、オーガニック認証を受けているブランドのココナッツオイルを選ぶことが大切です。

ココナッツオイルは特徴的な香りや色があり、そのままだと料理に使用しにくいため、香りや色を薄くする加工を行うことがあります。しかし残念なことに、その加工をする時に食品添加物や化学薬品を使うブランドも。

せっかく健康食品を使うのに、体に悪いものが含まれていては意味がありませんよね。

3.重要なココナッツの産地

ココナッツは主に東南アジアで栽培されていますが、特に高品質な生産を行っているのはフィリピンです。なんと、フィリピンにはココナッツ庁という国が作った機関があり、国全体でココナッツを大切に育てています。

ここでは、生産者への技術サポート、品質の徹底管理に力を入れているため、他の生産国よりも安定した品質でココナッツの製造が行われているのです。

今回ご紹介する製品の中でも、フィリピン産にこだわったココナッツオイルを作っているブランドがあります。購入の際は、原産国にも注目したいですね。