ダイエット

ダイエットに有効といわれるココナッツオイル。栄養成分の働きや、その効果について紹介します。食べると痩せるオイルといわれるその理由は、「中鎖脂肪酸」にありました。

痩せる身体をつくる理由は脂肪の種類にアリ!

ココナッツオイルの主成分は脂肪でできていますが、その中身は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれます。飽和脂肪酸はバターやラードなど動物性油に多く含まれるため、成分の90%を飽和脂肪酸が占めるココナッツオイルは、植物性油としてはとても貴重です。

飽和脂肪酸は酸化しにくいメリットがありますが、コレステロール値を上げるので、摂取しすぎるとメタボになりやすいとも言われています。

ですが、それは一部のタイプです。飽和脂肪酸には身体に溜まりやすく代謝が遅いタイプと、すぐにエネルギーへ代謝されるタイプがあります。ココナッツオイルの飽和脂肪酸は、代謝されるタイプの「中鎖脂肪酸」なのです。

中鎖脂肪酸は体にいい脂肪!

そもそも、一般的な油に含まれる「長鎖脂肪酸」は、体に取り込んだ後、血液やリンパ管によって肝臓まで運ばれ、体内に蓄積されてしまいます。これが、脂肪のもととなり、コレステロールや中性脂肪となってしまうのです。

一方のココナッツオイルに含まれる「中鎖脂肪酸」は分子がより短いため近道をし、肝臓まですぐに運ばれ、効率良く分解・燃焼されます。なので、脂肪が溜まりにくく、すでに体に付いている脂肪も一緒に燃焼されやすくなると期待されています。

しつこい悪玉コレステロールを減らす

しかし、ココナッツオイルの凄さはこれだけではありません。すでに体の中にある中性脂肪やコレステロールを減らす働きもあるのですね。

中鎖脂肪酸が代謝される過程で、すでに体内に蓄積されている脂肪もいっしょに燃焼されると言われています。また、中鎖脂肪酸は体内の善玉コレステロールを増やすことで、メタボの原因となる悪玉コレステロールの量を減少させる働きがあることがわかっています。

油なのに体内に脂肪が蓄積されにくいだけでなく、今まで体内に蓄積されてきた中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果も期待できるココナッツオイル。動物性油から置き換えるなどして、積極的に摂っていきたいですね。

せっかくなら品質がいいものを!
ココナッツオイル徹底比較をチェック

管理人おすすめの
スッキリ香るココナッツオイル3選

ココキュア

ココキュア_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
43
製法 遠心分離製法
産地 フィリピン
認証 有機JAS認証、USDAオーガニック認証、EUオーガニック認証
価格 1,280円

ブラウンシュガーファースト

ブラウンシュガーファースト_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
53
製法 低温圧搾製法
産地 タイ
認証 有機JAS認証
価格 1,780円

COCONUT FUN

COCONUT FUN_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
75
製法 低温エクスペラー製法
産地 フィリピン
認証 有機JAS認証、USDAオーガニック認証、ECOCERT認証
価格 2,400円