アンチエイジング

大学教授も語るココナッツオイルのアンチエイジングへの働きとは?

そもそも老化の原因って何?

年をとると肌も衰えてきて、病気にもなりがちになりますが老化は体内の活性酸素が増えることで起こります。

活性酸素は酸素が変化してできる物質で、通常の酸素よりも働きが活発となります。活性酸素が体内で増えることを「酸化」と言います。

活性酸素は殺菌作用があって免疫力を高める働きがあるので、体になくてはならないものなのですが、雑菌やウイルスだけでなく細胞を攻撃する性質もあるのです。

活性酸素の増加はトラブルのもと

活性酸素が増えるとシミやそばかす、くすみといった肌トラブルの原因になるほか、動脈硬化や生活習慣病といった病気のリスクも高くなります。

そこでおすすめなのがココナッツオイル。活性酸素の量を減らして酸化を抑える効果があるとされていて、「奇跡のアンチエイジング・フード」とさえ呼ばれているほどです。

ココナッツオイルのアンチエイジング効果とは

ココナッツオイルは何故アンチエイジングに効果があるのでしょうか。それは、ココナッツオイルを摂取することで「ケトン体」という活性酸素を除去してくれる物質が、体の中で作られるからです。

ココナッツオイルの抗酸化力は科学的にも証明済み

アメリカの有名な科学雑誌「サイエンス」にマウスを使って活性酸素を投与する実験の論文が掲載されました。それによると、活性酸素を投与されたマウスは確実に老化していきましたが、ケトン体を投与すると老化現象が見られなくなったそうです。

また、医学雑誌「Food Funct」には、マウスにココナッツオイルを与えたところ、抗酸化酵素が増加し、有害な活性酸素やフリーラジカルが除去されたという実験結果が掲載されています。

日本のアンチエイジング研究の第一人者である大学教授も「ココナッツオイルを摂取した後は、コレステロールが上がらなくなるので、老化防止だけでなく動脈硬化の予防にもつながるのではないか」と語っているくらいです。

このように、ココナッツオイルの有効性は医学界でも多くの専門家が認めています。皆さんもココナッツオイルを日々の食事の中にとり入れてみてはいかがでしょうか。油ですから、サラダ油やバターの代わりになるので、炒めものの調理やドレッシングをつくるのに利用するのがおすすめです。

せっかくなら品質がいいものを!
ココナッツオイル徹底比較をチェック

管理人おすすめの
スッキリ香るココナッツオイル3選

ココキュア

ココキュア_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
43
製法 遠心分離製法
産地 フィリピン
認証 有機JAS認証、USDAオーガニック認証、EUオーガニック認証
価格 1,280円

ブラウンシュガーファースト

ブラウンシュガーファースト_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
53
製法 低温圧搾製法
産地 タイ
認証 有機JAS認証
価格 1,780円

COCONUT FUN

COCONUT FUN_キャプチャ
大さじ1杯あたりの価格
75
製法 低温エクスペラー製法
産地 フィリピン
認証 有機JAS認証、USDAオーガニック認証、ECOCERT認証
価格 2,400円